AppCleaner

簡単操作で関連ファイルもまとめてアンインストール! 手軽に操作できるのが魅力!

完全な説明を見ます

賛成票

  • アプリケーションやプラグイン、スクリーンセーバーなどを削除できる
  • 関連する詳細情報を検索して削除できる
  • 削除はスピーディで待たされるストレスを感じることは少ない

反対票

  • バックアップ機能はない

秀逸
9

AppCleaner(アップクリーナー)は、手軽にアプリケーションやプラグイン、スクリーンセーバーなどを削除できるアンインストーラーです。通常Macではアプリ のファイルをゴミ箱に移動するだけで削除できます。ただし、アプリの初期設定や環境設定などの情報は残ったままになります。これらのアプリに関連するファイルもまとめてきれいにアンインストールしてくれるのがAppCleanerです。アプリが増えてきたらAppCleanerを使って整理してみてはいかがでしょうか。Mac初心者も簡単かつ安全にアプリをアンインストールすることができます。

AppCleanerの画面は「アンインストール」「アプリケーション」などのアイコンと、アプリをドラッグするエリアのみのシンプルな構成です。アンインストールを行うには、アプリをドラッグエリアにドラッグします。すると、ウィンドウが回転してアプリに関連するファイル一覧が表示されます。チェックが付いているファイルが削除されるので、削除して問題ないか確認しましょう。「削除」をクリックするとすぐにファイルが削除されます。削除もスピーディで待たされるストレスを感じることは少ないでしょう。

AppCleanerでは複数のアプリをまとめてアンインストールすることも可能です。「アプリケーション」アイコンをクリックすると、インストールされているアプリ一覧が表示されるので、削除したいアプリにチェックを付けて「検索」をクリックします。以降は単体のアプリのアンインストールの手順と同様です。また、「ウィジェット」アイコンをクリックするとウィジェットを削除することも可能です。アプリの整理が簡単にできまるでしょう。

AppCleanerではアンインストールするアプリに関連するファイルもまとめて削除できる便利なツールです。ただ、必要なファイルを削除してしまった場合に、削除前に復元するバックアップ機能はありません。アンインストールする前にiBackupなどのバックアップツールを使うことをお勧めします。

AppCleanerは、アプリケーションに関連する詳細情報を検索して削除できるアンインストーラーです。

AppCleaner

ダウンロード

AppCleaner 2.3